下級てき住みやかに

【DIY 木ダボの使い方】覚えればオリジナルの棚も簡単に作成できます!

  • 2020.12.30
  • DIY
【DIY 木ダボの使い方】覚えればオリジナルの棚も簡単に作成できます!

ダボってますか?ダボったことない?

あっ、ダボってこれです。木ダボです。

ダボの位置決めと取り付け方法を覚えておけばDIYが楽しくなりますよ。

ちょっとした、オリジナルの、おしゃれな棚でも簡単に作れますからね。

Sponsored Links

 

DIY ダボの穴あけと取り付け方

ご近所の奥様に、棚を作って欲しいと歎願されましたので、ちょっとだけ、日曜大工した時の備忘録を残しておきます。

なんで、ご近所の棚を作るのだろうと思われますが、声を掛けられるうちが華なのですよ。

頼まれると弱い…。

準備するもの

  • 電動ドリル
  • ダボ穴あけ用の錐
  • ダボマーカー

ダボ穴あけ用の錐はストッパーが付いてますので一定の深さでとまります。

一般的には、6ミリ、8ミリ、10ミリ用の錐が販売されてます。
ダボマーカーはマーキングするものです。必須ですね。後述で説明します。

ダボ穴をあける

木ダボの取り付け位置にしるしをつけます。

ドリルで垂直に穴をあけます。ストッパーがあるので既定の位置で止まります。

ダボマーカーを入れます。

ダボを取り付ける気を合わせてしるしをつけます。ダボマーカーは画びょうみたいな感じで、合わせたところに跡(傷)をつけます。

ダボマーカーで跡がついたところに穴をあけます。

木工ボンドを流し込んで結合します。ここからは、よく見る工程ですよね。

ここまでが、ダボの穴あけから取り付けまでの流れです。ちなみに木材のカットはホームセンターでもできます。一般的にはワンカット50円が相場でしょうか?

オイルステイン

ダボの穴あけ備忘録と思ってましたが、オイルステインは素敵ですので、これも何かの機会があれば試してください。

声を大にして言いたい!よだれが出るくらいにオイルステインは素敵なんです。

これがオイルステインです。
ニッペが最高!!

塗るとこうなります。数百円の木材が数千円に見えますよ。たぶんね。

木材をヴィンテージ風に仕上げることが出来ます。

この色はマホガニーという色です。

オイルステインは木材の年輪に浸み込むため、おしゃれ感を醸し出すことが出来ます。

でも塗るのは難しいんじゃない?
ノンノン!楽勝!楽勝

必要な技術は、お好み焼きにヘラでソースを塗れればOK!

年輪にオイルステインという名のソースを浸み込ませながら、木目に味付けをしていくという感じです。

濃淡のムラも含めてお洒落な仕上がりになります。

逆に下手くそに塗り上げることの方が難しいと思います。ペンキで色を塗るのとは訳が違いますからね。

ペンキは、ムラを出さずに、均一に塗る技術が求められます。オイルステインより何十倍も難しいです。

オイルステインは、実にお洒落です。٩( ‘ω’ )و

一時間ぐらいで乾いてきますが、しばらく匂いが取れるまでが一番の我慢ですね。是非、お試しあれ!

備忘録でした。

DIYカテゴリの最新記事