下級てき住みやかに

テレワーク勤務になったサラリーマンが買って良かった7つのアイテム

テレワーク勤務になったサラリーマンが買って良かった7つのアイテム

働き方改革の元、数年前から週1の頻度でリモートワークをしていたのですが、コロナ禍により企業方針が一気に加速して、リモートワーク勤務が固定になりました。

追い打ちをかけるように、事務所はサテライトオフィスという名目で縮小化され事実上の一生リモートワーク宣告された感じです。うむむ..。うひょ!

本格的にリモートワークを開始して、1年が経過。

自宅が作業場と割り切って、オフィス化計画という名目で、少しづつ揃えてきました。個人見解ですが買ってよかったと思えるアイテムを紹介しますね。

Alexa アレクサ

言わずと知れたスマートホームデバイスのAlexa です。

Alexa Echo Show 5
Alexa Echo Studio

気軽に声で指示することが可能で、スケジュール管理、電話呼び出し、音楽再生、翻訳、計算などなど痒いところに手が届きます。

Echo Showは画面付きで視覚的にも見やすく、数々の情報が直ぐに入手できるため非常に重宝しています。リモートワークが本格的になった際にアシスタント用として直ぐに購入しました。

最大の魅力は安価であるにも関わらず、優れた機能を搭載しているところに魅力を感じるガジェットだと思います。

但し、Echo Showのスピーカーは期待値より遥かにショボイ。

仕事中にクリアな音質で音楽を聴けるならばと思い、ハイレゾ再生できるEcho Studioを追加で購入。音楽があると気分は和みますね。リモートワークは誰に気兼ねする必要もないですから。

サブスクのAmazon music HDに加入しているため、Echo Studioとの組合せは最高です。テレワークに限らず、音楽を堪能する意味においては、Echo Studioは買って後悔なしの一品です。

ドルチェグスト

仕事中にコーヒーを飲む習慣がついてしまい、自分の部屋でも気軽にコーヒーが飲めればという思いでドルチェグストを購入しました。

手動抽出で、スマホ非対応の安価(定価4000円)なドルチェ グスト(ピッコロ プレミアム)を購入しました。もう少し奮発すればよかったかも..。

コスパを考えると、キッチンでコーヒーを煎れれば済むだけの話です。

まぁ、スタバ専用カプセルが12個入で980円なので、スタバが一杯80円と割り切れば許容範囲かなぁという感じです。せこいので、2番煎じをアメリカンだと偽って飲んでますけど。ですので気分は一杯40円

味わいはスタバそのもの。
雰囲気だけの問題です。

Sponsored Links

NAS

その日の作業内容や気分によって、自室のデスクトップで作業したり、リビングにノートPCを持ち込んで作業をする。リモートワークならではの醍醐味!!

どこに移動してもNASがあれば非常に便利です。

BUFFALOのNASは、非常にわかりやすいNavigatorソフトが添付されているため初心者でも簡単に設定することができますよ。

最近のNASのレスポンスは格段に上がっています。uploadもdownloadも特にストレスを感じることがないです。昔はめっさ遅かった記憶が…..。

膨大な共有資源を配置しておくという点ではNASは非常に安価で便利なデバイスです。セキュリティは堅牢に!

壁に付けられる家具

無印の壁に付けられる家具を取付けました。

リモートワークはヘッドセットが必須アイテム!!

必須な割に使用しない場合は、非常に邪魔な存在になるため、壁に引っ掛けるようにしました。

質感もよくデザインにも信頼を寄せている無印の商品をチョイス!税込みで1990円とは思えない代物です。

石こうボード壁専用で、取り付けも穴あけが目立たないピンで固定します。耐荷重が6kgと安心できるところも魅力ですね。チープ感がしないです。

Nature Remo

リモートワーク前から既に使用してましたが、自室で本格的に仕事をするようになると、Nature Remoは神デバイスです。

Nature Remoとは、赤外線リモコンで操作する機器をスマートホームに連動させるためのガジェットになります。早い話が、声だけで家電を操作しましょうって代物です。

最大の特徴は、スマートホームに対応していない機器でも、赤外線リモコンで操作できる家電製品であれば、赤外線を登録することで、声で家電操作ができるようになります。めちゃくちゃ便利なガジェットです!

Alexaの定形アクションを使用すれば簡単に設定できます。

アレクサ電気つけて!
アレクサエアコンつけて!
これは、超おすすめ!

Yogibo

超絶に人気ありますよね。これ!

アメリカ生まれの体にフィットするビーズクッションですが、お気に入りの一品です。

リモートワークにおける会議は、すべてリモートになるわけですが、姿勢が悪いだの社会人としてのモラルがなっていないだの、そういう視覚的な配慮からは開放され無縁になります。

古い体質の企業が好む長時間会議は、さすがに疲労が溜まるため、ノートPCを横に置きながら、Yogiboに身体をあずけて会議に参加しています。

リラックスしながら発言をして意見交換する。働き方改革ですね。良し悪しはさておいて..。

Yogiboはびっくりするぐらい高額商品です。

最初は、値段を見てまじかよ!と思いました。ただ、座ってみると欲しくなります。あっ、なんか違うかもと思いますよ。

似たようなビーズクッションはよく見かけますが、価格に見合う価値を見出してくれました。毎日使うものとして捉えれば、Yogiboは最強のアイテムです。

腰痛持ちにはいいんだよね。これが。

Surface Pro

タブレットにもなるノートパソコンです。

社給パソコンはもちろんありましたが、思い切って新調しました。

ゴリゴリの作業は、マシンスペックに依存するためデスクトップPCで作業をしていますが、ドキュメントを作成したりリモート会議などは、全てSurface Proを使用しています。

Microsoft製なので、必要なものは全てバンドルされてますし、タブレットになるし、軽くておしゃれなノートパソコンだと思います。

Sponsored Links

まとめ

リモートワークは、正直なところ良し悪しはあります。メリットもデメリットも確実にあります。

体質的に合わない人や、家庭環境に問題を抱えている人は、精神的に病んできている状況です。そういう話が毎日のようにちらほら聞こえてきますね。

さて、リモートワークは自宅が職場になるわけなので、自分が働きやすいように直ぐに改善が可能なので、少しづつ投資して、快適な作業空間を作り出せればいいかなぁと思いますよ。

買ってよかったグッズ紹介でした。

ガジェットカテゴリの最新記事