下級てき住みやかに

VPNが突然切断!TAP-Windowsがありません。

VPNが突然切断!TAP-Windowsがありません。

VPNが突然切断

テレワーク中に突然VPNが切断されました。

インターネットには繋がるため、OpenVPNに不具合が発生したことは間違いなさそうです。

仕事に支障があるため復旧までの経緯を纏めた備忘録です。

OpenVPNのログを確認

エラーメッセージがしっかりと出ていました。

エラー内容
There are no TAP-Windows adapters on this system.
You should be able to create a TAP-Windows adapter by going to Start -> All Programs -> OpenVPN -> Add a new TAP-Windows virtual ethernet adapter.

There are no TAP-Windows adapters on this system.

TAP-Windowsがないよ~
といっている….。

『コントロールパネル』→『プログラム』→『プログラムと機能』で確認してみても、TAP-WindowsもOpenVPNもインストールされている状態です。

VPNを復旧させる

TAP-Windowsがこのシステムには存在しないというエラーなので、手っ取り早くOpenVPNを再インストールする流れが一番よい。

TAP-WindowsとOpenVPNをアンインストールして、新たに、OpenVPN-install-xxxxxx を再インストールすれば復旧します。

要因は抑えておく

急に遮断されると、それはそれで気持ちが悪い。インターネットに繋ぐということは、常にセキュリティを意識する必要がある。

直前の作業を振り返る。おおよその見当はついていますが。

原因はMcAfeeをアンインストールしたから
AcrobatReaderをインストールした際にMcAfeeがセットでインストールされました。ありがちですね。
不要なので、McAfee本体と McAfee Safe Connect をアンインストールしましたが、その際にVPNが遮断された流れだと推測します。McAfeeSafe Connect はVPNを監視するものですが監視処理と削除処理で不具合があったと判断。
セキュリティソフトは、既にNorton を導入してますし、煩わしいインストールは止めて欲しいと思う..。必要ならば購入するし..。

テレワーク作業中に起こりそうな事象なので、大した内容ではないのですが参考までに載せておきます。

Windowsカテゴリの最新記事